詐欺師の物語『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』

2015年に宝塚歌劇団星組で上演されたミュージカル『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』。映画化もされており、2009年にミュージカルが上演されている「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」を元に、宝塚歌劇では初めて上演されました。主演は紅ゆずるさんが、ヒロインは綺咲愛里さんが務めました。
若き天才詐欺師フランク・アバグネイル Jr.を紅さんが、フランクを追い続けるFBI特殊捜査官カール・ハンラティをこの公演が星組生として初めての公演となった七海ひろきさんが演じました。フランクが一目ぼれする新米看護婦ブレンダ・ストロングを綺咲さんが演じました。
専科から2人出演しており、ブレンダの父親ブレンダ・ストロングを悠真倫さんが、フランク・アバグネイル Jr.の父フランク・アバグネイル Sr.を夏美ようさんが演じました。
新米FBI捜査官のジョニー・ドラーには瀬央ゆりやさんが、フランク・アバグネイル Jr.の母ポーラ・アバグネイルには夢妃杏瑠さんが扮しました。脱毛ラボ メニュー